シャローム福音教会                     お問い合わせ


福音について
--------------------------------------------------------------------------------------------------
ここでは、キリスト教の中心テーマについて、ご紹介いたします。どのように受けとめるかはご自由ですが、聞いたことが
無いものを信じることは出来ませんので、耳を傾けてください。
多くの人はキリスト教というと道徳的なことを教えていると思っています。しかし、聖書の中心的教えはそのような道徳ではなく、福音(よい知らせ)と呼ばれるものです。いったい何がよい知らせなのでしようか。

神はあなたを愛しています

神はわたしたち(人間)を愛し、わたしたちのためにこの世界を創造されました。神にとってわたしたち人間はひとりひとりが高価で尊い存在です。どのような生まれであるとか、性別年齢、性格や能力などによって神の評価が変わることは有りません。何故なら、神があなたの創造主だからです。神は、わたしたちの人生にすばらしい計画を持っておられるのです。神が天地を創造なさった時、それは非常に良いものであったと聖書は言っています。

全ての人は神に逆らって生きています

しかし、最初の人間アダムは神の命令に背いて罪を犯しました。その罪がアダムの子孫であるわたしたちにまで受け継がれているため、この世界には悪がはびこっています。聖書で言う罪とは、いわゆる犯罪のことではありません。わたしたちの心の中にある自己中心の思いです。憎しみ、ねたみ、悪いこととはわかっていても誰も見ていなければやってしまう行為などです。このような思いを持っていない人が果たしているのでしようか。誰もいません。聖書がすべての人は罪人ですと言っているのはそういう意味です。

良い行いをしても問題は解決しません

この罪は、自分の努力で解決することは出来ません。どのような良い行いも、学問も、宗教も、罪の解決とはなり得ないのです。罪によって、神と人との間には人間の力で越えることの出来ない、深い溝が出来てしまったのです。そればかりか罪を持っている者には、死後裁きがあると聖書は言っています。すべての人は罪人ですから、すべての人が死後自分の人生について神に申し開きをしなければなりません。ではわたしたちはこのまま滅びてしまうしか無いのでしようか。

イエス様が救い主です

いいえ、神はわたしたちのために救いの道を開いてくださいました。それが救い主イエス・キリストです。イエス・キリストは神ご自身です。神が、全く罪の無い人間として地上に来られ、十字架の上でわたしたちの罪を負って、身代わりに死んでくださいました。そればかりか、イエス・キリストは罪と死に打ち勝ってよみがえり、今も生きておられます。しかし、その事を知的に知ったことが救いではありません。救われるためには、信仰をもってイエス・キリストを信じ受け入れることが必要です。

信仰の告白が必要です

この救いは、誰でも心に信じて、口で告白する者に与えられます。自分に罪があることが分かるなら、今、この場所で信仰の告白をすることも出来るのです。信じるとイエス様が、あなたの心の中に入って来てくださいます。そして、あなたをきよめ、神の子供としてくださいます。まわりは罪の世界ですから、苦しみが無くなることはありませんが、神はわたしたちにその苦しみに打ち勝つ力を、与えてくださいます。そして、キリストの愛によって積極的に生きていくことが出来るようになります。

今回初めてキリスト教のことを聞いた方は、一度で理解できなかったかもしれません。さらに詳しく説明を受けたい方は、教会にお問い合わせ下さい。

      
Copyright © Shalom Church All Rights Reserved.